www.archive-info-2014.com » INFO » S » SURREYHOG

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".

    Archived pages: 3 . Archive date: 2014-10.

  • Title: グリーンスムージー初心者に基本と効果を紹介!
    Descriptive info: .. グリーンスムージー.. グリーンスムージーの基本.. グリーンスムージーの基本レシピは、緑の生の葉野菜を6と果物が4の割合で、水がカップ2となります。.. 水は入れてもいれなくてもかまいません。牛乳、ヨーグルト、豆乳などは、たんぱく質を含み、葉野菜と果物の栄養素を吸収しに難くしますので、入れないことが原則となります。.. また、根野菜などデンプン質を含む野菜はガスが溜まるので使いません。加えて、果物は皮ごと入れるのが良いとされます。具体的には、栄養価の観点からベースの葉野菜には、ホウレンソウや小松菜がよく使われています。そして果物では、バナナやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類がメジャーです。.. ちなみに、グリーンスムージーの提唱者であるビクトリア・ブーテンコさんは、熟した洋ナシ4コとパセリ1束と水カップ2がお気に入りだそうです。.. ただ、.. グリーンスムージー 飲み方.. は、厳密に決まったレシピはありません。牛乳や豆乳を入れる人もいれば、入れてはダメという人もいます。大事なのはグリーンスムージーを毎日継続すること。まずはこの習慣づけを大事にしましょう。.. グリーンスムージーについて.. グリーンスムージーとは何?と思う方も多いと思います。グリーンスムージーは生の緑の野菜とフルーツと水をジューサーやミキサー、ブレンダーで混ぜ合わせたものです。簡単に言えば、体に良いフレッシュジュース。.. グリーンスムージーは酵素や食物繊維が豊富、栄養価が非常に高いなどたくさんのメリットがあります。.. 私が良いと思ったのは、好きな野菜やフルーツなどたっぷりといれて、自分のオリジナルレシピで作れること、また最近緑の野菜の摂取量が減ってしまってるのでグリーンスムージーを飲むことで、簡単に健康に美しくなれるそうです。.. グリーンスムージーは、年齢も性別も関係なく、お子様も男性でも美味しくいただけます。ご家族の健康のため、自分のためにぜひグリーンスムージーを飲んでみてはいかがでしょう。美容やダイエットにも効果的な野菜、フルーツがたっぷりと取れるので、女性にはとっても嬉しいですね。.. メニュー.. TOPページ.. グリーンスムージーの効果.. アンチエイジング効果抜群グリーンスムージー.. Copyright (C).. グリーンスムージー初心者に基本と効果を紹介!.. All Rights Reserved.. カード食品..

    Original link path: /
    Open archive

  • Title: グリーンスムージー初心者に基本と効果を紹介!
    Descriptive info: グリーンスムージーには、美肌・健康促進・ダイエット等の様々な効果があります。特にダイエットの効果は高く、リバウンドを繰り返していた人でも続けやすい方法として知られています。それまでのダイエット法と違う点は腹もちの良さです。.. ダイエットをしていると過度な食事制限を行いがちですが、一度食べてしまうと反動で歯止めがきかなくなり、結果としてリバウンドを招きます。ただでさえ代謝が落ちているところに大量の食べ物が入ってくるわけですから、当然体は消費しきれずに太りやすくなってしまいます。.. しかし、グリーンスムージーは満足感を得やすいので無理をせずに済みます。また、代謝を高めるための酵素もたっぷりと含まれていますので体質改善にも役立ちます。..

    Original link path: /01.html
    Open archive

  • Title: グリーンスムージー初心者に基本と効果を紹介!
    Descriptive info: グリーンスムージーは美容と健康に大変効果的な飲み物として、今や世界中で注目されています。中でも、このグリーンスムージーのアンチエイジング効果は驚くべきものとなっています。.. 老化は誰にとっても抗いがたいものです。いつまでも若々しくありたいと願っても、人間は日々老化していく生き物なのです。それを、このグリーンスムージーで抑制できるのですから、人気とならないわけがありません。グリーンスムージーの特に効果的な飲み方は、日々新鮮な野菜やフルーツを用い、色々な種類を使用することです。こうすることで栄養価が偏らず、更に効果をアップさせることができます。.. また、1日1リットルから2リットル摂取することも大切です。少しづつ量を増やしていくことで、無理なく飲み続けることができます。..

    Original link path: /02.html
    Open archive
  •  



     


    Archived pages: 3